男女の脳はからだの構造通りサイズも認識も異なる

男女の脳は物理的に違う

まず男女の脳は物理的に違います。
そもそも男性と女性とでは、性別が異なり、身体の構造が異なります。
そのため、当然脳だって物理的な違いがあります。
サイズは身体が大きい分、男性の脳の方が大きく重量も重たくなります。
男性の場合は、1400~1500gに対して、女性の場合は1200~1250gが一般的です。
ただし、脳が大きく重量が重いから、男性の脳の方が優れているという意味ではありません。

構造上の違いでは、男性と女性とでは、右脳と左脳をつなぐ脳梁が形も大きさも異なります。
そのため男女の脳の違いは、この脳梁が影響しているのではないか?とも言われています。
しかし人間の脳に関しては、まだまだ分からない事の方が多く、脳梁の違いがどのような違いを発生しているのかは明確にはなっていない状態です。

男女の脳は思考回路が違う

そして男女の脳で、圧倒的に違うのは、思考回路です。
例えば顕著な違いは、空間認識です。
男性は、設計図を見れば、ある程度空間把握ができますが、女性は上手くできない人が多いとされています。
この違いが地図が読めないにつながるのではないでしょうか?
もちろん、脳の違いが個人差も大きく、男性でも地図が読めない人もいれば、女性でも地図が読める人もいます。
しかし、男性と女性とで比較した場合に、空間認識の違いは確かにあると言えるでしょう。

そして、男女の喧嘩の原因の大半は、この男女の脳の言語力の違いから生じているのではないでしょうか?
男性は会話をする時に、言語中枢のある左脳だけ使って会話をします。
そのため理論立てて必要事項だけ話そうとします。
これは、結論だけを端的に伝えるビジネス会話には適していますが、雑談は苦手となるわけです。

対して女性は会話をする時に、脳全体を使って会話をします。
そのため感情的になりやすく、また言語中枢以外の脳の情報が混じってくるために、会話があちこちに飛んでしまうのです。女性の場合は、会話を楽しむ事に重点をおくために、男性の会話をそっけないと感じます。
もちろん、おしゃべりが好きな男性もいれば、ビジネス会話が得意な女性もいて個人差が大きいと言えます。
ですが、男女の脳は思考回路が違うと言われたら、納得できる部分も多いの事実です。