男性脳と女性脳の特徴

男性脳の特徴

まず男性脳は、右脳が発達しています。
左脳は文字や言葉を認識し、感情を司る脳に対して、右脳は五感を司る動物的な脳と言われています。
そのため視覚イメージ情報に優れ、見た事を覚える事が得意です。

それはコミュニケーションにも影響し、瞬時の理解を求めるコミュニケーションを求めます。
つまり、先に結論を述べ、合理的に伝えるビジネス会話に適しています。
男性脳は動物的な脳という事で、攻撃的な一面がある一方、痛みには弱く、ストレスを感じると黙ってしまいます。
そのためストレスを溜めこみやすく、男性の自殺の頻度は女性の約2倍というデータもあります。

また右脳と左脳の真ん中に左右の脳の連絡をとる脳梁が存在します。
この脳梁の神経の数は女性の方が数が多く太いため、左右の脳の連絡連携がいいと言われています。
そのため女性は、右脳と左脳を同時に働かせる事が男性よりも得意なので、同時進行で物事を進める事ができます。
対して、男性は1つの事に没頭すると、他の事に注意がいかない傾向があります。
そのため、何かに没頭している男性に話しかけても、話をちゃんと聞いていないとなり、それが喧嘩のタネになるわけです。
男性脳の特徴をまとめると、男性はあまり感情的にはならずに、理論的に物事を考える人が多いと言えるでしょう。

女性脳の特徴

女性脳は右脳と左脳の連絡連携がいいため、均等に発達しています。
そのため、言語能力に優れ、感情的になりやすいと言えます。
また右脳と左脳の連絡連携がいいために、逆に右と左の区別がすぐにつきずらく、地図が読めない人が多い傾向があります。
小さな変化に敏感で、話す事で情報を整理しようとします。
そのため、コミュニケーションでは、相手に対して気遣いができ、接客業などの仕事に適しています。
ただし、話す事で情報を整理していますが、その情報整理が上手くいかないと、話の途中で話題が飛んでしまったり、何を話したかったか分からないまま会話が終わってしまう事もあります。

会話に関しては結論から先に言いたい男性と、話しながら情報を整理し、最後に結論をまとめる女性とでは圧倒的に違いがあると言えるでしょう。また女性はストレスが溜まるとおしゃべりをする事でストレスを発散する傾向があります。
女性脳の特徴をまとめると、言語能力に優れ、感情的になりやすく、そして話す事が好きな人が多いと言えるでしょう。